ホーム > もちこらむ: 検索結果

タグ「拾エネ」が付けられているもの

そこにあるものを使う 下水編

拾エネシリーズ。

大規模ビルのトイレなどの下水がたてに落ちていくエネルギーで発電

まさに拾エネ。確かに、小さな水(その他含む)力発電でダム要らず。

写真はWiredから

Tom-Broadbent-200x300.jpg

2010年7月25日 22時01分

そこにあるものを使う。 自転車編

あの運動で確かにライトがつく。

ダイナモで、エネループを充電するとか、携帯を充電するとか、USBに給電する(!)とか。

2010年7月17日 23時19分

そこにあるものを使う。

太陽光発電って、いままで当たり前にそこにあったものを、無駄にせずに使うという発想だと思うので、「省エネ」とか「創エネ」とかいいますが、「拾エネ」なんじゃないと。

前に書いた、そこらへんに飛んでいるWi-fiの電波をエネルギーに変える。とかも同じような考え方かな。。

すごくエネルギーがありそうだけど、無駄にしているもの、、、もっとありそうですが、面白そうなアイディアを。

  • 高速道路を途切れなく走る車の重量→ちょっとゆれるように高架をつくって、そのゆれで発電。(実はいつだったか自分で思いついてこれはすごいことを思いついた、とおもったけどぐぐったらすでにあった。そりゃそうか)
  • 夏場のアスファルトにたまっている熱を集めて発電。これいっそのこと道路を全部太陽熱発電所にしてしまって、そのまま電気自動車にパンタグラフか近距離無線伝送で給電。。。面白い。。
  • 大気と川の水などの温度差や工場などの排熱で発電する。温度差発電というのもあるそうです。温度差があれば発電できるなら、今ビルの内側を冷やして外に廃熱しているけど、その温度差で発電してエアコン回すとか??なんかおかしいな。。
  • 書きながら調べたら、車が通る振動で発電、というのは、結構あるみたいですね。スーパーマーケットの駐車場にプレートをおいて、車が通過するときの振動と重さを利用して発電。レジを動かす。とかいう。wiredの記事
  • 「音」の振動で発電する。というのもあるそうです。発電量は多分そんなにたいしたことはないのかもしれないけど、巨大な轟音を発生させてる電車そのものにつけるとか、高速道路につけるとか。

いろいろあるもんです。

2010年7月17日 16時31分

Wi-Fiの電波を電源に変換して充電をする。

電波を電気に変える、というのは理屈ではわかっても、いまいちよくわかりません。右手だか左手だかをピースマークにして横に向けたり、、、

周りにあるWifiの電波を受けて、電気に変換して携帯電話を充電する、というデバイスがでたとか。

RCA Airnergy Charger

201001131001.JPG

Blackberryを30%充電状態からFullにするのに2時間程度だそうです。

こりゃなにが、って発想がすごい。無線LANの電波はiphoneで見ながら街を歩いていますが、都内、特に都心では見つからない場所を探すほうが難しいでしょう。

電源に変換できるようなエネルギー源をみすみすこれまで垂れ流しまくっていたのか、われわれは。という思いに駆られました。

2010年1月16日 22時48分

1
Categories
Flickr Pickup
Archives
Bookmarks
Tags
About..もちこらむ
  • 1)柴犬・富士山と、家族の件
  • 2)吾唯足知といいつつ物欲と戦う
  • 3)自分用の覚書メモ
  • 4)コンピュータとインターネット
  • 5)カメラとビデオ
  • 6)工作その他
  • 7)なぜか月
  • というblog。
Feed
Count
  • nakanohito
Search
Powered by