トップページへ

良心

もちこらむ » ひとり言 » 良心

良心とは、それまでの経験から、さまざまなリスクを勘案して最良の道を選択することである。

リスクをおかす経験が少なければ、最良の道はとりようがない。

と、するならば、たとえば娘が道を歩きながら誰の顔色をはばかることなく、すがすがしい顔で大きな声で覚えたての歌を歌っているのを見ると、良心、そんなものはいらないんじゃないか、自分はこれまでのいらん経験から余計なリスクを意識しすぎているのじゃないか。という思いにとらわれる。

とか。おうちのコンピュータのOSをひさびさにきれいにしたので、久しぶりの独り言。

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ