ハイスピードなカメラで世界をとめる

YouTube - Glide 2

2010年12月 3日 0時04分 | Tweet this icon

Bob Marleyの偉大さ

YouTube - Baby Bob Marley

こんどやってみよう。Rastafari!

2010年12月 7日 22時41分 | Tweet this icon

タッチパネル+会議+PC+タブレット+紙の資料。これはけっこう理想的ではないかと。

YouTube - メディアハブの機能を備えた次世代会議システム : DigInfo

あとはお値段次第で、結構いけてると思います。

ポイントはwindowsの標準機能と、紙とか、なんか難しい専用システムでないこと。その一点ではないかとおもう。これに遠隔の会議システムを組み合わせて、シンクライアントと、このタッチパネルの小さい奴、HDのカメラ。ワークスタイルの変革、みたいな昨今くすぐったくて口にできないような世界はこういう辺りか。と思うと、キーワードは、タッチパネル。ってこれもまたくすぐったいな。。いまさらそこか、、という気もしますが、結局「ネットワーク+映像+いつものPC+ちょっといけてるタブレット+カメラ+。。。。。UI!」ということなんでしょうか。最後のユーザインターフェイス以外の部分はテクノロジは成熟の域にあるので、あとはUIのクリエイティブさ、、、というか「簡単さ」が加わると、それでなにかが起こりそうですね。あとは、リアルな「紙」とか「ホワイトボード」とか「メモ」とか、「ミーティング中のローカルトーク(邪魔な)」とかもうまーくとりこめたら、何か変わるのでしょう。

2010年12月 8日 23時58分 | Tweet this icon

Theo Jansenが作る風を食べて歩くクリーチャたち

今日たまたま、お台場の科学未来館に行くことがありまして、いまやっている「テオ・ヤンセン展」をちら見させていただいたのですが、結構ぐっと来ました。

テオヤンセン氏はもともとは物理学を学び、画家から、こういう構造のアートへと進化(深化)させたそうです。

なんというか、(表現が安いですが、、)風が原動力のピタゴラスイッチの完成形。のような気がします。

inputとoutputの融合、というか。。。。ただ。美しいですね。

Animaris Umerus walking - June '09 from Strandbeest on Vimeo.

2010年12月13日 23時15分 | Tweet this icon

芸術が爆発@壁 そんなときには壁をホワイトボードにしてしまえばよいのではないのか。

YouTube - HELP - IdeaPaint Installation Video

壁紙を捨てて、この壁をホワイトボード化できるペンキで塗ればいいのか。

取り急ぎの現状はこちら

idea paintのwebサイトhttp://www.ideapaint.com/

2010年12月15日 23時33分 | Tweet this icon

IdeaPaint その2

やばいこれほしい

YouTube - IdeaPaint at Lowes

2010年12月15日 23時41分 | Tweet this icon

emobileの電話できるモバイルルータは、モバイルルータなのか、電話なのか。

e-mobileの新しいポケットWifiは電話できるそうです。

http://www.emobile.jp/cgi-bin/press.cgi?id=826

電話できるモバイルルータは、モバイルルータなのか、電話なのか。逆は?

S31HW-01.jpg

今日とある方のTweetでもみましたが。。名前のつけ方、伝え方で同じものが別のものに見える、というのは真実ですね。

その方曰く。。「キャバクラ嬢が昼、大学でまじめに勉強する」と「まじめに勉強する大学生が夜、金目当てにキャバクラでバイトする。」は同じ事実を指すにもかかわらず、違って見える。と。真実はどこにあるのか。同じ話のようで違う話。

2010年12月15日 23時45分 | Tweet this icon

うさぎまんざい

ぬおーーーーーーーーーーーーーぉぉっぉぉ

YouTube - コップにはいっちゃう子うさぎ 漫才編 Twin Rabbit in the cup

2010年12月15日 23時57分 | Tweet this icon

電子書籍に足りないもの→TED:ファビアン・ヘマート 「形が変化する未来の携帯」

TED

先日村上龍の「歌うクジラ」をiphoneで読みました。そのときに、はっきりとわかりました。

僕はもうiphoneや、その他の電子デバイスで本を読まないだろうということです。論文とか資料ならかまいません。しかし。。。。

その本には「厚み」が無かったのです。

これまでまったく意識したことがありませんが、本(特に小説、特にミステリーやSFなどでしょう)に必要なことは、「あと何ページでこの話に結論がやってきてしまうのか

ということです。「あともうこんだけしかないのに、、ほんとにこのまま終わりか??」、といった焦り、、「うわーこっからひっくり返して、、うう最後の1ページのこの1行、、泣ける。。。」というようなことは、電子書籍には、すくなくとも現行の電子書籍のデバイスにはできないことでしょう。

いくらめくる動作をリアルに描画しても、そこに「重さ」「残りのページ数」は感じられないのです。

その中で、このTEDに登場したドクター課程の彼、ファビアン・ヘマート君は見事な解を出しているように見えます。

その中で、iphoneのタッチパネルと並んで、フィジカルな世界と、ヴァーチャルな世界の架け橋を担っている一つの例が日本のWiiであることは、ほこっていいことでしょう。最近はXBOXのKinectがその辺りでは話題ですが、「厚み」「重さ」、、、「愛」というようなこのつなぎは見事ではないでしょうか。

最近の携帯は、裸眼3Dなんていってますが、あれなんかはバーチャルの極みではないかと。。日本のメーカにもっとがんばっていただきたいものです。

歌うクジラ 上
歌うクジラ 上
  • ASIN: 4062165953
  • [単行本]
  • 価格: ¥ 1,680
  • 講談社
歌うクジラ 下
歌うクジラ 下
  • ASIN: 4062165961
  • [単行本]
  • 価格: ¥ 1,680
  • 講談社

2010年12月19日 21時29分 | Tweet this icon

今日の月 12月20日

地上には確実に春が来ていた。懐かしい春の匂いがした。地球は辛抱強く律儀に太陽の回りを公転し続けているのだ。宇宙の神秘。僕は冬が終わって春が来る度にいつも宇宙の神秘について考える。どうしていつもこう同じ春の匂いがするのだろう、と。毎年毎年春になると必ずちゃんとこの匂いがするのだ。とても微妙なかすかな匂いなのだけれど、いつもぴたりと同じだ。

ダンス・ダンス・ダンス(上)

今年は秋に匂いがなかったよ。

突然冬。

DSC_0426

_0029331

_0029204

2010年12月20日 23時05分 | Tweet this icon


123
About..もちこらむ
  • 1)柴犬・富士山と、家族の件
  • 2)吾唯足知といいつつ物欲と戦う
  • 3)自分用の覚書メモ
  • 4)コンピュータとインターネット
  • 5)カメラとビデオ
  • 6)工作その他
  • 7)なぜか月
  • というblog。
Flickr Pickup
Categories
Feed
Tags
Archives
Moon
  • moon
Bookmarks
Count
  • nakanohito
Meta
Twitter
Powered by
Ad